自分がブラックに載っているかを個人信用情報機関で簡単に調べる方法

例えばあんたがブラックリストに載ってしまったとするよな?
そうすると新たにお金を借りたい時やクレジットカードを作りたい時、ローンを組みたい時に審査に通らない場合が出てくる。それは何となく分かるよな?

 

それはなぜかと言うと消費者金融やクレジットカード会社は個人信用情報機関というところに登録されているあんたの過去の取引履歴などを調べて審査を行っていて、過去に長期支払い延滞や債務整理などを行っていた履歴があると、あなたの個人信用情報に「事故情報」として登録されていて、その情報を見て信用できないと判断されてしまうからだ。

 

この「事故情報」が登録されている状況が、「ブラックリストに載っている」という状況なんだぜ。

 

個人信用情報機関とは

一般的なクレジットカード会社はこの「個人信用情報機関」に加盟している。個人信用情報機関には、ローン利用者の信用情報が登録されていてカード会社は必要に応じて機関に照会し、情報を得ている。

 

現在、その個人信用情報機関は大きく分けて3つある。

 

・CIC
クレジットカード会社の共同出資により設立

 

・日本信用情報機構(JICC)
消費者金融系のクレジット会社が加盟

 

・全国銀行個人信用情報センター(全銀協)
銀行系のクレジットカード会社が加盟

 

機関によって登録されている情報が若干異なりるんだが、審査に関わる情報はどこの機関も登録している。審査に関わる情報とは、本人を特定するための個人情報、契約申し込み内容に関する情報、支払いに関する情報などだ。

 

本人を特定するための情報としては

 

・氏名
・生年月日
・電話番号
・住所
・勤務先名
・勤務先電話
・運転免許証の記載番号

 

などが挙げられて、
契約申し込み内容に関する情報としては

 

・契約日
・契約の種類
・契約額(極度額)
・契約終了予定日
・商品・サービス名
・支払回数
・登録会社名等
・貸付日
・契約金額
・貸付金額
・保証額等

 

などが挙げられ、これは利用者がどんな種類の契約を結んでいるか確認するための情報なんだ。

 

支払いに関する情報としては

 

・入金日
・入金予定日
・報告日
・残債金額
・請求額
・入金額
・入金履歴
・異動(延滞・保証履行・破産)の有無
・異動発生日
・延滞解消日
・終了状況等
・完済日

 

などがある。これは、契約を行った後請求が来て、支払いを行っているか、遅延していないかなどの支払いに関する情報だ。毎月契約通りに支払っているか、それとも延滞しているかなどがすぐにわかってしまう。

 

クレジットカード会社は新規の申し込みがあった場合、個人信用情報機関へ利用者の情報を照会して、その際、あなだの信用情報にクレジットカード会社に新規の申し込みをしたという情報が登録される。

 

次に新しい契約を申し込んだ際には、別のカード会社があなたの情報を照会し、以前結んだ契約について知ることが出来る。これは契約書の規約に、「信用情報機関に照会・登録する」という記載があるんでクレジットカード作成やローン申し込みには必ず必要になる。

 

重要視する情報

クレジットカード会社が個人信用情報機関であなたの情報を照会した時重要視するポイントがある。

 

・ブラックリストに載っているかどうか
・支払履歴が健全かどうか
・他社クレジットカードの保有枚数
・クレジット申込件数

 

などだ。

 

ブラックリストに載っているかどうかは、延滞しているかどうか、自己破産・任意整理などの「事故情報」が記載されているかで判断される。このような事故情報が載っている場合、まず審査に受かることはないな。

 

支払履歴については、期限日に契約通り入金されていれば信用度が上がるし、未入金などが続くと信用度が下がる。当然ながら毎月キチンと返している方が審査に通りやすくなる。

 

クレジットカードの保有枚数については、年代によって適切な保持枚数があり、30〜40代で2〜4枚を長期保有していれば信用度があがる。延滞を繰り返している場合、カードの更新が出来ず長期保有ができないので信用度が下がる。

 

クレジット申込件数については、過去半年分の申し込み履歴が個人信用情報に登録されている。この時に、申し込み履歴数が多いと「多重申込」「申込ブラック」と呼ばれる状態になってしまう。多重申込になっている場合、まず審査には通らない。この状態は、審査の知識がない場合、Aのクレジットに落ちたから次はB、Cと何度も短期間に申し込みをしてしまい陥ってしまう事があるんだよ。

 

以上の信用情報についてはだな、各個人信用情報機関に情報開示を求める事で確認することができる。

 

例えば、CICでの申込方法はパソコン・スマホ・携帯電話(インターネット)、郵送、窓口などの方法がある。
詳しくはこっちを見てな。

 

パソコンの場合インターネットで申し込んだ後に機関に電話をかけ、取得した受付番号を入力することでデータをダウンロードできる。手数料は1回1000円かかるが、その支払い方法はクレジットカード払いのみだからそれが嫌な人は来店か郵送をした方がいいな。

 

郵送の場合は、必要書類に記入し定額小為替1000円と共に機関へ郵送して、その後におよそ10日ほどで開示報告書が届く。
お金はかかるが、自分がブラックリストに載っているか確認したい場合には、個人信用情報機関に問い合わせをするのが一番早い道と言える。

 

敢えて信用情報機関に登録されることを活かす

信用情報機関には事故情報だけでなく、申し込み情報や返済履歴なども登録されることはさっき述べたとおりだ。そのため、信用情報機関に登録されている情報によっては、審査に有利に働くことがある。審査の際には、年収や職業といった属性が高いことが有利となるが、属性が高くない場合は、返済履歴でアピールすることが可能だ。

 

クレジットカードの利用状況が返済遅延や滞納などがなく、定期的に利用していることが信用情報機関に登録されていれば、審査の時に

  • 「返済能力がある」
  • 「真面目に返済している」
  • 「責任感がある」

といったように審査で判断される率が高くなるんだ。

 

故にクレジットカードを既に持っている人は、2枚〜3枚に枚数を減らすこともお勧めする。
それから、短期間で複数枚クレジットカードを作成すると、多重申し込みとして信用情報機関に登録されてしまい、半年間クレジットカードを作成することができなくなるんで注意しような。

 

とにかく真面目に返済することが重要だ!!

何度も返済遅延を起こしたり、61日以上の滞納を繰り返してしまうと、事故情報として信用情報機関に5年間登録されてしまう。そうなると、返済したとても5年間はキャッシングの新規申し込みができなくなってしまうんだよな。これは痛い。本当に借り入れが必要な時にキャッシング会社に申し込みができなくなるのは、相当キツイものがあるからな。

 

それから、多重債務に陥って債務整理を行うと信用情報機関に5年〜10年は登録されてしまう。その間は、クレジットカードを作ることも消費者金融の利用もできない。

 

このような状態になった方のことをブラックと呼んだり、ブラックリストに載ったといったように言われる。

 

そろそろ、信用情報機関に登録されている自分の事故情報が消される頃だけど、実際にいつ情報が消えるのかはっきりしないという人は、その時も前述したように、信用情報機関に有料で情報開示することができるんでチェックしてみてな。キャッシング会社によって、信用情報機関に登録するタイミングはバラバラなので、自分では「もう登録されていない」と思っていても、実際にはあと1ヵ月残っていたということがあるから時期に余裕を持って申し込んだほうがいいかもしれん。

 

また、信用情報機関に登録された情報が消えたとしても、各消費者金融で独自のリストを作成してファイルしていることも普通にあるから時が経てば完全に事故情報が消えるということではない。

 

信用情報機関は、株式会社日本信用情報機構(JICC)、割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関(CIC)、一般社団法人全国銀行協会(JBA)があって、JICCは消費者金融と審判会社、CICはクレジットカード会社と心配会社、JBAは銀行と銀行系カード会社などといったように加盟会社はそれぞれ異なるんだったよな?

 

自分の事故情報が完全にクリーンな状態になっているかどうかは、3ヶ所全てに問い合わせてみないと実際のところはわからない。

 

信用情報機関では、3つの機関が相互に情報を共有している。消費者金融で昔滞納していたけど、住宅ローンを組むのは銀行だから関係ないと思っていても、相互に情報を共有しているんで、住宅ローンの審査に落ちてしまうということが起きてしまう可能性があるんだよ。

 

中には、消費者金融の審査に何故落ちたのか心辺りが全くないといった人がいるけど、自分では、悪意はないと思っていても、クレジットカードの返済を何回も滞納したことがあると、審査に落ちてしまうことがあるんだぜ。

 

公共料金の支払いやスマホや携帯の支払いをクレジットカードカードで支払っていると、引き落とし先口座に預金がなくて、返済遅延や滞納をしてしまう場合があり、そういった返済情報が信用情報機関に事故情報として登録されているんだ。

 

だから街金・消費者金融を新規で申し込む際は、半年から1年の間、返済遅延や滞納のない真面目な返済履歴を積み上げておくことがキーポイントになってくる。そうすれば、クレジットカードの利用のない方よりも有利になるぜ。

審査に不安なヤツにおすすめなのは「◯◯カード」だけだ!!

> このカードの正体を見てみる <

おすすめのカード

審査に不安なヤツでも作れるクレジットカードはこの◯◯カードの一択だと思っておけ!カード名はここで明かすことはできないがこのカードの審査に落ちたら一巻の終わりだ。 他のカードで審査落ちしたヤツでもこのカードなら審査を柔軟に対応してくれる。まずこの◯◯カードに申し込んで、適度に利用して確実な返済を行えば優良なクレヒス(クレジットヒストリー・信用履歴)が作れる。とにかく審査が厳しいと感じているヤツはカードのブランドなどにはあまりこだわらずに、まずは◯◯カードへの申し込んでみろ!

> このカードの正体を見る <