CICの仕組みや開示施灸の具体的な手順を案内する

みんなは株式会社「シー・アイ・シー(CIC)」を知ってるか?
CICとは、信用情報機関のひとつで、オレたち消費者の“金融情報”を管理している非常に重要な機関のことだ。

 

CICは、昭和59年にクレジット会社の共同出資により設立されて以来、長年、消費活動の活発化と安全のために情報の管理と提供を続けている。また、CICは、割賦販売法ならび貸金業法に基づき指定を受けている、ただひとつの“指定”信用情報機関でもあるんだよ。

 

さてCICの主な役割は、われわれ消費者のクレジットカード利用やローン利用などに関する全情報(氏名・年齢・契約内容・支払状況・残債額など)を加盟企業から収集し、管理・提供すること。月に1回以上の更新が義務付けられているため、登録されている情報の精度が高いことで高い信用を保っているんだぜ。

 

CICでは延滞情報と債務整理が5年間、多重申し込みが6ヵ月登録され、申し込み情報は、ほぼリアルタイムでCICに登録される。

 

なおCICの加盟企業には、信販会社・百貨店・流通系クレジット会社・リース会社・保険会社・保証会社・銀行・消費者金融会社・携帯電話会社など…様々なところが名を連ねている。

 

CICが行っている業務とは?

CICが行っているのは、消費者の金融情報の収集・管理・提供。
収集・管理されたクレジットカードやローンに関する情報は、以下の目的に沿って提供されている。

 

消費者の支払能力を審査

キャッシングやカードローンサービスを提供している会社では、まず申込者を“審査”し、そのうえで融資を行うかどうかを決めているんだが、その“審査”において重要な役割を果たしているのが「信用情報機関」に蓄積された個人情報! 

 

貸手である金融機関は、信用情報機関に残されたデータをもとに利用希望者の“過去および現在の金融状況”を調べることで“利用希望者の信用度や返済能力”の判断を行い、主にそれをもとに融資の可否/契約内容を決めているんだ。

 

つまり、CICの存在により、金融会社は「返済能力のない相手に融資をする(融資したお金が戻ってこない)リスクを避けること」ができ、利用者としても「ムリな借入をしてしまうリスクを避けること」ができるということ。

 

CICが機能していることで、消費経済の健全化が保たれているんだな。

 

(融資のための)審査の正確性とスピードアップに貢献

融資を行う金融機関が、与信判断(融資の可否・契約条件の設定)を正確かつ迅速にできるのは、「信用情報」があるおかげ。
審査が正しくスピーディーに行われるということは、われわれ利用者にとっても(そのぶん…重い返済負担に苦しむことになるリスクを減らせる/借りたいときに素早く借入できるようになる…わけですから)大きなメリットだと言える。

 

利用者が多重債務や自己破産に陥るのを防ぐ

「信用情報機関」は、「借入利用者(消費者)が返済能力を超える多額の借入をし、のちに返済に苦しむことがないようにするため」のチェック機関としての役割をも果たしている。要するに「信用情報機関」は、われわれを多額の返済負担・多重債務から守ってくれているんだよ。

 

*現在社会では、もはやクレジットやローンはなくてはならない存在。
そして…そうした金融サービスが円滑に行われるのを陰で支えている存在こそ、このCIC。まさにCICは、今日の社会において、極めて重要な社会的インフラだと言うことができるな。

信用情報機関CICの開示方法とその手順を教えるぜ

CICに登録されている自分の情報を調べるには3通りあって、インターネット開示郵送開示来社して窓口開示で有料にて開示請求することが可能だ。ネット開示ができるのは、CICのみなんだよ。これは結構便利だぜ〜。

 

インターネット開示は毎日8時〜21時45分まで利用することができて、その際に手数料1,000円がかかる。支払いはクレジットカード一括払いのみとなっている。

 

郵送開示の手続きは、申込書と本人確認書類、手数料を同封し、CICに送付すると10日ほどで回答書が返送されてくる。手数料は、ゆうちょ銀行発行の定額小為替証書1,000円となりっている。

 

窓口は札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、岡山、福岡があって、窓口に設置してある端末機を操作して開示報告書をその場でもらうことができる。窓口の営業時間は、平日の10時〜12時、13時〜16時となっていて手数料は500円かかる。

 

それではその3つの開示方法についてもっと詳しく手順を述べていく。

 

インターネット開示の利用手順

クレジット契約により利用した電話番号から受付番号を取得したら、利用者の情報入力欄に受付番号を入力していく。そうすると、自分の情報が表示されるんで、PDFファイルをダウンロードするかプリントアウトしよう。受付番号の有効時間は、1時間だ。

 

問い合わせをする電話番号は0570-021-717で、フリーダイヤルではないので、20秒毎に10円課金される。電話がつながると、自動音声が流れてくる。オペレーターには繋がらないぞ。アナウンスに沿って番号を押していき、最後にクレジットカードの有効期限を入力して間違いがなければ数字の1を押すと、6桁の確認番号が機械音で流れる。一応番号を書き留めるためのメモを用意しておくと良いでだろう。

 

次に、CICのサイト上からお客様情報を入力し、確定ボタンを押すと報告書がダウンロードできるようになる。尚、報告書を開く際には、パスワードが必要となって、初回パスワードは受付番号6桁とクレジットカードの有効期限4桁の組み合わせとなっている。再開時のパスワードは、受付番号6桁と数字4桁0000の組み合わせだ。

 

後日、CICから開示利用確認のハガキが届くという流れだ。

 

ちなみの初回開示から96時間以内に再開示をした場合でも手数料は無料だぞ。

支払い方法はクレジットカードだけなので、「個人信用情報を開示した」という事をクレジットカード会社に知られたくないという人は他の方法をおすすめするぜ。

 

来社して窓口での開示

・本人確認書類を用意しておこう。
窓口利用では、今までの電話番号を事前に調べておく必要もある。窓口にはC-touchという端末が用意されていますので、案内に沿って氏名・生年月日・郵便番号・契約時に利用していた電話番号と過去に利用していた電話番号などを入力していく。電話番号が情報を検索する時のキーとなっているから、過去に複数の携帯などを利用していた方は、できる限り書き出しておいたほうがいいぜ。

 

全ての情報を入力したら受付票が出てくるんで、受付番号が呼ばれるまで待機して、番号が呼ばれたたら受付表と本人確認書類を持って窓口に行く。この際に提出する本人確認書類は以下のものが該当する。

 

(1)運転免許証
(2)運転経歴証明書
(3)パスポート
(4)身体障害者手帳
(5)住民基本台帳カード
(6)外国人登録証明書
(7)在留カード、
(8)特別永住者証明書

 

確認が済んだら、券売機で手数料を購入する。その後は数分程度でCICに登録されている自分の信用情報をプリントアウトしてくれるので、すぐに確認することが可能だ。

案外短い時間で手続きが済むので来社開示の方法はエリック的に一番のおすすめだ。

 

郵送での書面手続き

最初に言っておくが、郵送開示が一番遅い。時間がかかっても問題ないという場合は、郵送で開示申し込みをしてみるとよいだろう。
申請書は、CICの公式サイトから必要事項を入力してプリントアウトできる。ダウンロードする際には、事前に開示申込書に必要事項を入力してからプリントアウトする方法(対応ブラウザはInternet Explorer8、Internet Explorer9、Internet Explorer10、Firefoxのみ)と、プリントアウトしてから手書きする方法がある。プリントアウトする時は、A4横片面限定となっていますので気を付けてな。

 

それから、手数料はクレジットカード決済申込書か、定額小為替証書(ていがく こがわせ しょうしょ)を同封する方法がある。為替だと発行手数料が1,000円かかるんで、クレジットカードの方がお得だ。

 

CIC首都圏開示相談室充てに送ると、1週間〜10日くらいで自分の信用情報が送られてくる。

 

同封する本人確認書類は、2点用意する必要があって、運転免許証、個人番号カード、パスポート、健康保険証、住民基調台帳カード、などの中から2点コピーしたものを用意してな。2点のうち1点は必ず現住所が記載されているものを用意しなきゃならなくて、あと郵送方法は、簡易書留・親展となる。

 

電話問い合わせにより、申し込み用紙を取り寄せることも可能だ。番号は、0570-666-414で対応時間は平日の10時〜12時、13時〜16時となっている。一部のIP電話からは利用することができないから気をつけてな。

 

また、情報は、旧姓でも開示請求することができるのがミソだ。申込書に旧姓を記入することで、現在の姓と併せて追加開示を依頼することが可能。しかしだ、手数料が旧姓と現姓の2口分の手数料がかかる。これは、窓口で手続きした場合も同様となるぞ。

 

それから、速達での返送を希望する場合は、追加で280円分の切手を同封すると速達可能で、本人限定受け取り郵便の場合は、300円分の切手同封となるぞ。

実際に信用情報開示報告書を受け取るまでの流れ

ここからは、実際に信用情報開示報告書を貰って来たのでその受け取り方の流れを詳しく紹介しようと思う。

 

ちなみに開示請求には、窓口、PC・スマホ・携帯電話、郵送の3パターンがあるのだが一番わかりやすい窓口での開示請求で貰って来たぞ!

 

今回、出向いたのはCICの会社がある新宿のビルだ、大きいビルだけあって人の出入りが凄いぜ!

 

 

あんましキョロキョロしてると田舎者だと思われるからササッと中に入るぜ、CICの会社は何階にあるのかチェックだ!

 

 

15階、株式会社シー・アイ・シー、15階、会社は15階にあるらしいエレベーターでさっさと行くぜ!

 

 

15階に到着だ、降りたら早速、CICの会社を発見したぜ!!

 

開示の受付時間は、10:00〜16:00までのようだ…覚えておくぜ…。

 

 

入口まで来たから、中に入るぜ、客の数は意外に多い感じだな!

 

CICとは一体何のことか知ってるか?

 

早速、あったぜコレが開示情報を入力する端末、「C-touch」だ!コレに必要になる情報を入力して受付で報告書を貰うってワケだ…。

 

早速、コイツに開示情報を入力して行こうと思う…。

 

 

「画面に触れてください」と表示が出てるのでタッチしたら、次に入力の手順についての説明が出ててきたぞ!

 

これは利用経験のない奴は、最初から最後までしっかり確認しておくんだぜ!

 

 

続けて「個人情報の取扱いに関する事項」について表示されるので問題なければ同意して次へのボタンにタッチして入力操作へ進むのだ。

 

 

 

今回は、自分の情報を開示なので「自分の情報を開示する」を押し、まず氏名の入力をするのだ!

 

 

氏名の次に生年月日、郵便番号、電話番号、運転免許証の番号と順に入力して行くのだ。

 

 

全ての入力を終えたら間違いないか確認を忘れるな、間違いなければ「この内容で開示する」を押すのだ!

 

 

開示ボタンを押したら「受付番号券を発行します。」という画面に変わって、受付番号券が発行されるからそれを受け取るのだ!番号券を受け取ればC-touchは、これで終了だ!

 

 

次は開示報告書を作るための手数料を支払うための自動販売機で手数料を支払うのだ。ちなみに手数料は、500円になるぞ!

 

 

手数料の支払いを終えたら領収書が発行されるから忘れずに受け取るんだぜ〜!

 

 

 

後は、「C-touch」で発行された受付番号券と身分証明書(運転免許証、パスポート等)を持って待ってればOKだ!

 

受付番号券の番号順にスタッフに呼ばれるからそれまで待ってるんだ。

 

番号券○○の方、お待たせしました〜って感じで呼ばれるから呼ばれたら受付番号券と身分証明書の確認をしてもらうのだ!

 

 

身分証明の確認が終われば最後に信用情報開示報告書と「C-touch」で入力した情報とが一致しているかどうか確認させられるからここに間違いがなかったら信用情報開示報告書が受け取り終了だ!

 

以上までの流れが窓口での信用情報開示報告書開示法になるのだ!

 

そしてコレが信用情報開示報告書だ!

 

【表紙】

 

【記録】

信用情報開示報告書はどう見たらよいのか。見方を図解して解説する

取り寄せた自分のCIC個人情報はどのように見たらよいのかを知っているか?わからない人のためにオレが教えるてやるぜ。
学校では絶対に教えてくれない社会の情報だから、よく覚えておいておいてな。それではここで個人信用情報機関に記録されている情報の見方を教えていく。

 

CICの記録内容と表示項目の見方

CICではクレジット情報、申込情報、利用記録の3つがある。
CICの信用情報開示報告書は3つで構成されている

 

・クレジット情報…あんたが利用しているクレジットカードやローンの記録(契約内容や支払状況が記載されている。

 

・申し込み情報…あんたがクレジットやローンの申し込みをいつしたか、そして、その申し込み内容が記載されている。端的に言うとあんたが新規にクレジットカードやローンの申込みをした時に、 される情報だな。

 

・利用記録…利用中のクレジット会社、信販会社やローン会社があんたの支払能力を見るためにアクセス(途上与信)した記録が記載されている。

 

これまで借りたお金の額やクレジットカードやキャッシングで他の会社で金融事故などを起こした人ではないかどうかといったことまで全てが記録されているんだぜ。すごいだろ〜。

 

「クレジット情報」の記録内容

CICのクレジット情報に何が書かれているかというと、A〜Eの欄に目を通してみてくれ。
クレジット情報の見方

 

まずAの登録元会社だが、これは「この情報は◯◯クレジット(株)にて登録された情報です。」という意味だ。
Bにはこの日付に契約されたクレジットカードやローンの契約だということが載っている。支払回数の欄に「リボ」と載ってれば、リボルビング機能が付帯しているというのを意味するぞ。

 

Cの「お支払いの状況」欄を見てくれ。ここには「この日付時点での残高が20万円です。」という情報が載っている。

 

Dの「26.返済状況(異動発生日)」に「異動」と記録されてしまった場合、これは「ブラックリストに載った」ということなので覚えておいてな。契約期間中に長期の支払いの延滞がある、又はあったという意味だ。

 

「異動」となる条件だが、以下のようなポイントに該当すると記録されてしまう。

 

  • 返済日より61日以上3ヶ月以上の延滞がある・あった
  • 返済不能となり保証契約における保証履行が行われた
  • 裁判所が破産宣告をした(破産手続開始決定)

 

異動の記録は延滞などの解消後も、右上のFにある保有期限に達するまで残るんだぜ。
以上のことはCICの見方を覚えるということだけではなく、今後、クレジットカードやキャッシュカードを作って使う上でとても大事なことなので、しっかりと覚えておいてくれ。

 

なお、クレジットカードを解約した場合はCの「31.終了状況」に完了と記録され、そしてクレジット情報の右上のFに記載の「保有期限」の日付には支払い完了の報告日から5年後の日付が記録される。クレジット情報はその日を迎えるまで保存ということになる。その期間を過ぎれば情報は破棄されるんだ。

 

Eの入金状況には、これはあんたがクレジットカード会社へいくら入金したのかという情報が掲載されている。
直近の情報は一番左に記載されており、そこから右に過去へ進む形で。最大24ヶ月分(2年分)の情報が記録されていることが分かるだろ?

 

その他の記号説明は以下の通りだ。

請求通りか請求金額以上の入金あり
P 請求額の一部入金あり
R 利用者以外からの入金あり
A お約束の日に入金なし(未入金)
B お客様の事情と無関係で入金なし
C 入金なしだが理由不明
請求なし入金なし(クレジットの利用そのものがない場合)
空欄 クレジット会社等から情報の更新なし(クレジットの利用そのものがない場合)

 

普通なら「$」が記載される。引き落とし日に入金があり、その日にきちんと返済されていることが一目瞭然だからだ。最近のクレジットカード会社は「$」なしで空欄にするということが多くなっているがしかし、これは記載欄の問題であり、クレジットヒストリーには問題はまったくない。

 

何が大事かというと、「A」または「P」がついた場合だ。「A」は指定日に入金がないということだし、「P」は一部だけの入金ありということなので、このマークが付いてしまうと危険だぞ。入金はあって当たり前ということだから、これが遅れるということは「危ないお客様」ということになってしまうので、気をつけてな。

 

 

Gの「割賦販売法の登録内容」だが、ここの欄では利用済みのローンの残高やリボ払いの残債が記録されている。
審査を行うとき、クレジットカード会社や信販会社は利用限度額の枠を「極度額」という面から判断する。つまりだ、いま、リボ払いでどれくらい使っているかということがこの情報でわかってしまうんだよ。

 

次にHだ。これは「キャッシングでいくら借りたか」という情報が記載されている。
ちなみに、CとHの最後に「終了状況」の欄があるが、ここに以下の表に挙げるようなことが記載されていた場合、あんたはすでにブラックリストに載った、又は載っているということになるから注意してな。

項目名称 記載内容
本人以外弁財 契約者以外の保証人、保証会社からの支払いされたもの
貸倒 貸倒れとして処理されたもの
法定免責 破産などの法的免除が認められたもの

CICの「申込情報」に記録されている内容とは?

次はCICの申込情報の欄だ。この部分には何が書かれているかその意味をみんなで学んでいこうぜ。下の画像が実際のCICの申込情報だ。
CICの申込情報

参照:www.logsoku.com

 

クレジットカードを申し込んだ時や信販会社が提供するローンを初めて利用した時には、このCICにその情報を記録しなくてはならないという法律がある為、このような情報は必ず記録されるんだ。

 

このローンの記録は、携帯電話の契約時に本体の料金を分割で支払う契約をした場合でも記録される。これも提携先の信販会社を利用した立派なローンと扱われる為だ。

 

申し込みを行った先、つまり登録会社もこのCICに信用情報として記録されるが、このどこに申し込みを行ったのかという情報は、この信用情報を審査に利用するクレジットカード会社や信販会社からは分からないようになっている。それ以外の申込情報はにクレジットカード会社や信販会社から審査の際に確認することができる。

 

その情報とは、まず申し込みをした人の氏名、生年月日、郵便番号、電話番号、申し込みをした日時(照会日時)、といった個人情報だ。それに加えて、申し込みの区分(クレジットカードは「カード」、住宅ローンは「住宅ローン」、その他の商品のローンは「個品割賦」と表記)と、契約をした支払い予定金額、ローンの予定支払い回数、そして購入した商品・サービスの名称。この情報は登録から半年間記録されている。

 

以下に申込書の欄とその意味の一覧表を載せておくな。

項目名 内容
1.登録元会社 情報にアクセスした会員会社名を表示
2.氏名 お客様がクレジットやローンのお申込みの際にクレジット会社等に提示された内容を表示
3.生年月日
4.郵便番号
5.電話番号1
6.電話番号2
7.照会日時 クレジット会社等がCICにアクセスした内容を表示
8.照会区分  契約者 お客様ご自身が「契約者」である
保証人 お客様ご自身が「保証人予定者」である
9.申込区分

*申込内容により右記の

項目で表示      

カード等 クレジットカードなどの契約
*月々の支払いを伴うクレジット契約(会費等)を含む
個品割賦 商品などの代金を、分割払いなどの支払う契約
リース 商品のリース料を支払う契約
保証契約 返済ができなくなったお客様に代わって、保証会社等が返済することを取り決めた契約
無保証融資 保証の付いていないキャッシングや証書貸付
保証融資 保証の付いたキャッシングや証書貸付
住宅ローン 住宅資金を借り入れる契約
10.契約予定額 契約の予定額が表示される。クレジットカードやカードローンの契約申込みは予定限度額を表示

登録がない場合は、「0千円」と表示

11.支払予定回数 支払予定回数を表示 
12.〜15.商品名 申込みされた契約に付随する商品名を表示 
16.〜18.数量・回数・期間 申込契約商品の数量・回数・期間のいずれかを表示 

 

審査をする側のクレジット会社や信販会社は審査する際に、あんたが申し込んだ会社以外の欄の情報は他社にも分かっちゃう仕組みなんだよ〜。

 

そんでもって、この申込情報から、新しくクレジットカードの契約を行う際の審査では、現在同時に他社にも申し込みを行っていた場合はそれがクレジット会社や信販会社に分かってしまい、審査で落とされてしまうことがある。

 

そしてだ、これらの情報は6ヶ月間残ってしまう。だからクレジットカードの同時の申し込みはやめておいた方が無難だよ。なぜならこれを多重申込と言って、高い確率で審査で落とされてしまう原因になるからな。申し込みをしたという情報しか残っていなかった場合がそれに当たる。審査を通過すると必ず一緒にクレジット情報が記録されるので、それが無い場合は現在同時に申し込みを行っている会社がある、もしくは他社で審査に落とされてしまったことがあると判断できる。このような場合は審査を通過するのは難しいだろう。

 

CICに記録される「利用記録」とは?

この利用記録とは、クレジットカード会社や信販会社が個人の信用情報を確認したという、この情報の確認を行う側の利用記録のことだ。クレジットカード会社や信販会社がその信用情報を利用した、という記録だと考えてくれ。

 

この利用記録は利用してから半年間、その情報が残る。クレジットカード会社や信販会社は契約を行った後も、利用状況を常に確認しているということだ。これによって、その会社との契約後に他社と契約を行ったことや、新しいローンを組んだこと、そして返済状況などが分かる。

 

これを途上与信といい、新たなローンなどを組んで支払いが厳しくなり、その結果支払いが遅延したような場合はクレジットカードやローンの利用中であっても、突然利用枠が縮小されることや、利用が停止されることがある。審査が行われるのは契約時だけではないということだ。

 

このCICに記録されている信用情報は、本人から開示請求を行うことができる。この信用情報を定期的に開示すると、自分が現在どのような利用状況だとクレジットカード会社や信販会社に思われているのかを確認することができる。

審査に不安なヤツにおすすめなのは「◯◯カード」だけだ!!

> このカードの正体を見てみる <

おすすめのカード

審査に不安なヤツでも作れるクレジットカードはこの◯◯カードの一択だと思っておけ!カード名はここで明かすことはできないがこのカードの審査に落ちたら一巻の終わりだ。 他のカードで審査落ちしたヤツでもこのカードなら審査を柔軟に対応してくれる。まずこの◯◯カードに申し込んで、適度に利用して確実な返済を行えば優良なクレヒス(クレジットヒストリー・信用履歴)が作れる。とにかく審査が厳しいと感じているヤツはカードのブランドなどにはあまりこだわらずに、まずは◯◯カードへの申し込んでみろ!

> このカードの正体を見る <