アメリカン・エキスプレスカードのおすすめポイントはここだ!!

>アメックスカードに早速申し込んでみる<

アメリカン・エキスプレス・カード

クレジットカードを発行する会社は世界中に存在しているが、そのなかでも特に国際的に高い信用を誇るカードブランドにアメックスがあるよな?
アメックスはアメリカン・エキスプレスの略称で、その発行するカードの知名度はVISAカードやJCBカード、マスターカードなどに匹敵する。

 

アメックスカードはプロパーカードと呼ばれる自社発行のクレジットカードだから、発行に当たって国内のものとは異なる独自の審査が行われる点も特徴だ。
たとえ国内の信用情報を基準とした審査に通らなかったとしても、アメックスの審査では通過する可能性もあることは知っておいて損はない。

 

>> アメックスカードの公式サイトはこちら

 

・アメックスグリーンは他社のゴールドカードに匹敵する
アメックスのカードには年会費無料のものはなく、一般向けとされるグリーンカードであっても国内他社のゴールドカードに相当する程度の年会費がかかる。

 

国内で多く流れる年会費永年無料といったクレジットカードの宣伝に慣れてしまっていると、これは割高に感じられることと思うが、ゴールドカード並みといっても実質的には税別で年間12000円ほど。月額にして1000円程度の負担だから、国際的な信用の高いクレジットカードを所持する安心感と比較すれば問題のない出費と言えるはずだ。

 

そしてアメックスのクレジットカードは国際標準だから、付帯するサービスも海外で役に立つものが多く揃っている。

 

一般向けグリーンカードであっても、海外での付帯サービスの充実は国内のゴールドカードも敵わないほどのものとなっているぞ。

 

そうした特徴からアメックスのクレジットカードは海外渡航の多い人ほどその魅力を強く実感できるものとなっている。アメックスのグリーンカードに興味を持ったのなら、それが自分のライフスタイルに合ったものなのかどうか更に詳細に調べていくといいだろう。

 

アメックスのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」

アメリカン・エキスプレスには「メンバーシップ・リワード」というポイントプログラムがあり、100円の利用ごとに1ポイントが貯まるサービスだ。通常の還元率は0.5%で貯めたポイントはホテルグループのポイントや楽天・Tポイント、その他提携会社のポイントと交換することができる。あと1度ポイントを交換すると最大で有効期限が3年間無期限となるゾ。

 

また、3000円(税別)の年会費をプラスすることで「メンバーシップ・リワードプラス」へ申し込むことが可能だ。

 

メンバーシップ・リワードプラスへ申し込むと、ポイント有効期限を無期限にできるから永久的に貯められる。

 

メンバーシップ・リワードのポイントは「メンバーシップ・リワード・ANAコース」へ申込することで、ANAマイルへと交換することができる。メンバーシップ・リワードの還元率は通常0.5%だが、ANAマイルへの交換を選択すると1000ポイントを1000ANAマイルと交換でき、還元率を1%に上げられるのも魅力の一つだ。

 

ただしメンバーシップ・リワード・ANAコースへの申込みには、参加登録費用として年会費が5000円(税別)かかる。アメリカン・エキスプレスカードのポイントをANAマイルと交換するためには、カードの年会費、メンバーシップ・リワードの年会費、メンバーシップ・リワード・ANAコースの年会費をすべて払わなくてはならないんで少し負担が重くなる。

 

カード年会費12000(税別)+メンバーシップ・リワードプラス年会費3000円(税別)+メンバーシップ・リワード・ANA年会費5000円(税別)=20000円(税別)

 

そう、ANAマイルとの交換には20000円(税別)の年会費が必要になるってわけだ。年会費はかかるが、ポイントの有効期限が無期限となるから飛行機によく乗る人、マイルを一生涯貯め続ける人にはメリットが大きいと言えよう。

 

「逆にマイルなんて興味ない!カードさえ使えればOK」という人ならポイント系のサービスに加入する必要はない。年会費さえ支払えば無問題だ。

 

>> アメックスカードの公式サイトへ行く

 

1. ポイント還元率は実質0.33〜0.4%と良くはない

アメリカン・エキスプレス・カードグリーン(アメックス・グリーン)のポイントプログラムである「メンバーシップ・リワード」では、アメリカン・エキスプレス社からカードの使用金額100円毎に1ポイント、ポイントが付与される計算だ。ポイントの還元率は0.33%から0.4%位の間で言うほど高くないぞ。というかむしろ低めだ。だからマイルと交換するのが一番オトクだ。

 

さっき言ったようにポイント還元率を0.5%に上げるための有料プログラム「メンバーシップ・リワード・プラス」があるからそれに毎年3000円(税別)払って加入するのがおすすめ。

 

またカード使用先がボーナスポイント・パートナーズに加盟している提携店の場合、最高で平常時の10倍のポイントがプラスされる。ポイント還元率で見てみるとアメックス・グリーンはそこまでお得とは感じ無いかもしれんが、豊富で様々な種類のサービスとカードの持つ高いステータスを考慮すればそのメリットは明らかだ。

 

2. ポイントからマイルへの交換可能です!

ポイントプログラムについてもう少し詳しく解説しておこう。
アメックスカードのポイントプログラムである「メンバーシップ・リワード」の交換レートでは、2000ポイントを1000マイルに交換する事ができる。つまりアメックス・グリーンのカード使用1000円毎に10ポイントが付加されるため、マイルに換算すると1000円毎に5マイル手に入れられる事になる。

 

3. 有償の「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入すればマイルがさらに貯まる

アメックス・グリーンには有償プログラムとなる毎年税別3000円で登録できる「メンバーシップ・リワード・プラス」や毎年税別5000円で登録できる「メンバーシップ・リワード・ANAコース」があり、それぞれマイルへの交換レートがお得になる。

 

「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録してるとポイントプログラムのメンバーシップ・リワード1250ポイントで1000マイルの交換レートとなるし、「メンバーシップ・リワード・ANAコース」に登録しているとポイントプログラムのメンバーシップ・リワード1000ポイントで1000ANAマイルの交換レートとなる。

 

付け加えてだが、もうちょいお得にマイルを貯められる方法で、ポイントからマイルに交換する前に「メンバーシップ・リワード・プラス」への登録して、マイルに交換した後で「メンバーシップ・リワード・プラス」をやめてしまうという裏ワザがあるんだよ(これは内緒な。あまり人には言いふらさないでくれ)。

 

マイル交換時に「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録されていれば大丈夫だから、その分年会費が少し安くなるんだぜ。

 

>> アメックスカードの公式サイトを見てみる

公式ページはこちら

 

 

『アメックスグリーン』の補償内容と補償を受けるにあたっての注意点

■海外・国内旅行における傷害保険がこれほどまでに充実しているのはアメックスだけ
アメックスグリーンでは海外・国内旅行時にもしものことが発生した際、5,000万円を上限として補償を受けることが可能だ。

 

補償を受けるための条件については、アメックスグリーンの契約完了後に「アメリカン・エキスプレス社」から届く書類にも記載があるが、交通費やホテル代などの支払いにアメックスグリーンカードを使って決済した人となっています。

 

購入商品が被害に遭った際の補償『ショッピング・プロテクション』

これが凄いんだが、アメックスにはショッピング・プロテクションという補償サービスがあってだなぁ、アメックスグリーンを利用して購入した商品に限るが、万が一、

  • 購入した商品が盗難の被害に遭ってしまった
  • 偶発的な事故で破損してしまった
  • 自己責任で壊してしまったりした

 

そんな場合でも『ショッピング・プロテクション』によって、500万円を上限として補償を受けることが可能なんだ。

 

どんな場合でも補償を受けることができるというわけじゃない。

 

・『商品の購入、あるいは、商品が届いた日から90日以内』
・『商品が被害に遭った日から45日が経過する前までにアメリカン・エキスプレス社の保険デスクへ報告』

 

という条件付きだ。

 

さらに、一つの補償を受けるにあたって、1万円の支払が必要だという点にも注意が必要だな。

 

カード番号の盗聴の被害に遭った際の補償『オンライン・プロテクション』

オンラインショッピングを利用した際など、オンライン上でカード番号の盗聴の被害に遭ってしまうことは、このご時世珍しくはない。

 

盗聴の被害に遭ってしまうと、その後身に覚えがない多額の請求が来る危険があるんだが、アメックスグリーンではそのような被害の補償にも対応している。安心して利用できるのがアメックスの強みだな。

 

返品が行えない時に料金が戻ってくる『リターン・プロテクション』

アメックスでは決済時に利用した店舗が返品に応じてもらえなかった場合でも、商品の購入から90日を過ぎていなければ、その商品をアメリカン・エキスプレス社に送り返すことによって、料金を取り戻すことができるようになっている。

 

一つの商品につき3万円までの補償、一年間に15万円までの補償という上限はあるものの、利用者側からすればかなりありがたいものとなってくるはずだ。

 

アメックス・グリーンのマイナスポイント

アメックス・グリーンは色々な付帯サービスがあることが特色のクレジットカードでプラスな点がとても多い反面、マイナスポイントも存在する。

 

第一に気になる点として、アメックス・グリーンは他のカードと比べて年会費が高く設定されている。また仕事やレジャーで外国に行くチャンスが無い方にはアメックス・グリーンの長所を生かし切れないかもしれん。

 

さらに、カードの発行会社であるアメリカン・エキスプレス社のメンバーシップというポイントプログラムはあまりユーザーからの評価が高くない。ポイントを集めて色々な種類の特典を受け取ることができるんだが、いい商品と交換しようとするほど各々のオプション追加料金がかかってしまうんだよなぁ。

 

一般にメンバーシップ・リワードのポイント還元率はおよそ0.5%となっていて、そこからポイント還元率を上げるためには、前述したとおりオプション追加料金とアメックス・グリーンの年会費、合計約2万円の費用がかかってしまう。

 

マイル交換さえできれば良く、ポイントは気にしていないという方にはあまり関係無い点なんだが、マイル交換だけで考えると他に効率の良いカードが沢山あるってわけだ。

 

総評・まとめ

世界中でステイタスカードとして知られ、サービスの高さはゴールドカードと遜色無いと言われる《アメックス・グリーン》。有料の年会費、厳格な審査のため限られた人にしか持てず、持つ方の信用まで高く評価される。

 

社会に出て最初の一枚目として、そしてアメックスカードの最初の一枚目としてまず〈アメックス・グリーン〉を手にいれてみてはいかがだろうか。そしてゴールド、さらに最上級のセンチュリオンホルダーを目指そうぜ!センチュリオンはお前らでは無理だと思うがな(まぁオレでも無理だがw)。

 

とにかく今すぐにクレジットカードがほしいっていう人にもおすすめの1枚だ。

 

公式ページはこちら

>> アメックスカードの公式サイトはこちら