クレジットカードに申込者の信用度を詳しく分析するために3Cが存在する

クレジットカードの入会審査について、自分はダメなんだと思いこんでいる人も多いよな?
ここでは一般的に思われているクレジットカード会社の入会基準の間違いと、「3C」という基準について紹介させてもらう。

 

クレジットカード会社は表面的なデータを信用しない!

おいお前ら、クレジットカードの入会審査の判断基準というとどのようなものがあると思うか?
トップページでもざっくりと解説したがもう一度おさらいしてみよう。

 

○評価が高そうな職業
・医者や弁護士のような社会的に尊敬されている職業
・安定して働くことのできる公務員
・誰もが名前を知っている大企業の社員

 

上のようにカテゴライズされる層のヤツらは年収が高く、勤続年数も長く、不動産も所有していそうだよな。
クレジットカード会社はこういった人に積極的にお金を借りて欲しいと思っているんだ。
その反対に、以下の層のヤツらの条件だとクレジットカード会社は厳しい目で見てくる。

 

○評価が低そうな職業
・派遣社員、フリーター、パートなどの非正規社員
・水商売
・聞いたこともないような中小企業の社員

 

どれも年収が低いか、高くても収入が安定しているとは思われていなそうだよな?
ただし、ただしだ。上記のような職業を聞いてそういう悪いイメージを持っている人も多いと思うが、実際は正しくない。クレジットカード会社は職業だけでは判断しないんだ。

 

もちろんそういう側面もないとは言わないが、表面的な情報だけで判断するのが危険なのはどのクレジットカード会社もよーく知ってる。

 

所属ではなく、その人がどのような人なのかを判断するために、クレジットカード会社が考え出したのが「3C」という判断基準なんだ。

 

ではその「3C」とはどのようなものか

「3C」というのは、「Capacity(資力)」「Character(性格)」「Capital(資産)」の3つのCのことだ。

 

・Capacity(資力)
Capacity(資力)は資力のことで、主に収入があるかどうかを判断される。クレジットカードの審査ではこれが最重視され、安定した一定以上の収入がない人は審査には通らない。

 

・Character(性格)
Character(性格)は性格のことだ。性格といってもお金の返済に関してのでだな、きちんと返す気はあるのか、返済は遅れないか、これまでもちゃんと返してきているのかなどの信頼性やまじめさが評価されるんだ。

 

・Capital(資産)
Capital(資産)は文字通り資産のことで、不動産や有価証券、車などいざというときに担保になるようなものがあるかどうかを調べられるんだぞ。

 

クレジットカード会社は、これらを満たしているか調べるために、スコアリングという方法で点数をつけている。申し込み情報の項目ごとに点数が設定されていて、点数が一定以上だから大丈夫だろうといった感じだ。

審査に不安なヤツにおすすめなのは「◯◯カード」だけだ!!

> このカードの正体を見てみる <

おすすめのカード

審査に不安なヤツでも作れるクレジットカードはこの◯◯カードの一択だと思っておけ!カード名はここで明かすことはできないがこのカードの審査に落ちたら一巻の終わりだ。 他のカードで審査落ちしたヤツでもこのカードなら審査を柔軟に対応してくれる。まずこの◯◯カードに申し込んで、適度に利用して確実な返済を行えば優良なクレヒス(クレジットヒストリー・信用履歴)が作れる。とにかく審査が厳しいと感じているヤツはカードのブランドなどにはあまりこだわらずに、まずは◯◯カードへの申し込んでみろ!

> このカードの正体を見る <